読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz meets Blues

手紙のように書きとめる、音楽やライブの記憶、地元のお店の思い出。

ayuko + 浅川太平 (町田ノイズ) 2015年9月5日

f:id:tomosunrise:20151102050252j:image

9月、入院直前の不調で、すっかりそのままになっていた、町田ノイズのライブの感想メモをようやくまとめます。

10月の多摩センターなら近くて行けるかもと思っていたものの、9月初旬にはお店の場所など詳しく分からず断念、だけどちゃんとayukoさんの情報を追っていれば、分かったことだったのだと後に後悔。
(その日は大野えり/若井優也を町田Nica'sで聴いていました)
また、乗り物酔いの僕でも行ける距離のお店でライブがあることを祈って(町田ノイズに期待します!)、鮮明に残る記憶と共にブログをまとめます。

youtu.be

ノイズの投げ銭ライブでは珍しくヴォーカリストが出演、でも浅川太平さんなら間違いないと予約していました。
 
早めにお店には着いていて、開演10〜15分前、お二人がマイクチェックなどされてて、ヴォーカルのひとって開演前はこんな風に確認されるんだと新鮮に思えました。

f:id:tomosunrise:20151102050155j:image

開演、
ジョーサンプルからアルバム収録曲と続き、
お二人のMCもデコぼこコンビな感じで楽しい。
 
ayukoさんが「こういう雰囲気好き、カナダにいた時もお客さんとの距離感が近いライブが多くて」とお話されてから、ふっと客席の雰囲気がほぐれた。
 
そして、ブラックバード。
ソウルフルで温かい、 スキャットも入る、観客の手拍子も乗ってくる。
オリジナルの連想させる、夜明け前の不安感のような印象よりも、 近づきつつある希望とほんのりとした安心感を感じさせる温かさがある。
 
1stのラストのロサモレナは、ラテンなリズムにみんなで手拍子を揃えて賑やかに〆る。
f:id:tomosunrise:20151102042016j:image
1st.
1. (メモ忘れ)
    Joe Sampleの曲
2. Blue Skies
    アーヴィングバーリン・作
    浅川太平(p)・アレンジ
    ハロルドアーレン・作
    古木佳祐(Bass)・アレンジ
4. My Favorite Things
    リチャードロジャース・作
    古木佳祐(Bass)・アレンジ
    Lennon-McCartney
6. Rosa Morena
    ドリヴァルカイミ・作
f:id:tomosunrise:20151102050645j:image
 
2ndでは、ふっ切れたように「セットリスト気にせずその場で曲を決めます、譜面にないものもあるかも?」と嬉々として始まる。
あぁ…何かが起こる…と予感させる。
 
伸びやかな伸びやかなスカイラーク。
今でも耳に歌声が残る。
 
続いてビリージーン。マイケルジャクソンのこの曲は、こんなにも躍動感に溢れ、身体を揺さぶり、客席を沸かせるものなのかとこの時初めて知った。
ノイズに響くジャズに留まらないヴォーカル、だけどこの店、この距離感だからこその興奮。
 
サッチモのこの素晴らしき世界。
あぁ楽しんでる。ayukoさんもここにいるみんなも楽しんでる。音楽に愛されてる…本当にそう感じさせてくれる。
 
次にアルバム収録の、時に風に。
エフェクトをかけたヴォーカルで、
3曲の名曲で引きつけた観客をグイっとayukoさんの世界に引っ張り入れてくれる。
パーカッションの大儀見元さんの "罪のある者も罪のない者も、眠る時には平等に眠る" というMCから着想して歌詞を書き換えていったとのこと。
 
1stではJazz Vocalをやっていたけど、
2ndでは"ayuko"を演ってる!
ayukoさんの引き寄せてきた音楽の全てを見せてほしい。
 
The Beatlesのオー!ダーリン。
まるでレイチャールズのようなオー!ダーリン。
 
浅川太平さんがayukoさんへの応援歌として描いたというGo Girl !
曲調や歌声がというのではなくメッセージとして連想してしまうのは、ストーンズのDon't Stop !
f:id:tomosunrise:20151102041801j:image
イマジン。
レノンが歌うイマジンは時には諦観であり時には夢想であったりするように感じるけれど、
ayukoさんのイマジンはまさに「聖歌」。
腕を広げて祭壇に…いや世界に捧げるかのような歌声。
f:id:tomosunrise:20151102041650j:image
アンコールは、客席の興奮をほぐすかのようなポインシアナ。
ノイズがこの名演を終わらせる訳がなく、もう1曲!のアンコール!
そして歌われたのは…昭和の歌謡曲のような優しい日本語の歌。
後日ayukoさんのFacebookで知った曲名は「みんな夢の中」
優しい優しい歌でした。
2nd
1. Skylark
    ホーギーカーマイケル・作
2. Billie Jean
     Michael Jackson・作
3. What a Wonderful World
    Gダグラス/ジョージデヴィッドワイス・作
4. 時に風に
    ※ アルバム収録曲
5. Oh Darling
    Lennon-McCartney
6. Go Girl !
    浅川太平・作
7. Imagin
    John Lennon・作
 
アンコール
1. Poinciana
   ナットサイモン・作
2.みんな夢の中
   浜口庫之助・作詞作曲

ayukoさんのブログには、夜のクロツグミのように泣いていた女のコが、
"I will…"と羽ばたくまでの物語が綴られていました。
 
Fly, black bird, fly.
Bloom, flowers bloom.
Ayuko, the Singer sings.
 
羽ばたけ、どこまでも
あなたの歌声をどこまでも届けに
 
f:id:tomosunrise:20151102050510j:image