読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz meets Blues

手紙のように書きとめる、音楽やライブの記憶、地元のお店の思い出。

町田・浄運寺・酉の市 2015年11月29日(日)

twitter.com

twitter.com

www.instagram.com

町田の浄運寺で29日に酉の市がありました。

酉の市自体は例年行っているようなんですが、今年からは町田に根付いた個性的なお店のみなさんが出店されて、ライブ演奏もあるとのことで、少し前からワクワクしていました。

訪れたのは夕方…秋も深まり少し寒くなってきました。

f:id:tomosunrise:20151130152029j:image
町田にはいつ頃からか七福神が点在しているんですが、こちらにもいらっしゃるのを初めて知りました。
f:id:tomosunrise:20151130152104j:image
民族楽器のお店や帽子屋さん、タロー庵のおでん、いろんなお酒も並び、よく訪れるノイズさんも出店されてました。
ノイズのカボチャのチーズケーキを頂いて、奥へ奥へ…。
f:id:tomosunrise:20151130152040j:image
左奥には熊手が並んでいます。
右側の大きな鐘の横でライブが。
f:id:tomosunrise:20151130152114j:image
 何組かの演奏があったようなんですが、この時最初に聴いたのはモイキーズというジプシー風?ニューオリンズ風?のラフで楽しげなバンド。いろんな楽器が使われてました。
f:id:tomosunrise:20151130152204j:image
f:id:tomosunrise:20151130152210j:image
f:id:tomosunrise:20151130152231j:image
f:id:tomosunrise:20151130152237j:image
f:id:tomosunrise:20151130152306j:image
f:id:tomosunrise:20151130152320j:image
f:id:tomosunrise:20151130152329j:image
f:id:tomosunrise:20151130152352j:image

twitter.com

ボーカルやMCは固定のマイクではなく拡声器で。その即席感もバンドの雰囲気に合ってました。

「聖者の行進」の演奏が始まると、知ってる曲という嬉しさと、音楽の原点には祭りがあるんだという感動が。

改めてライブを観に行きたくなりました。

 

次の演奏はバグパイプ

町田の文学館の通りでバグパイプの音色が聴こえてきたことがあったので、レッスンや練習をしてる方々がいらっしゃるのは知ってたんですが、演奏をちゃんと観るのは初めて。

twitter.com

f:id:tomosunrise:20151130152431j:image
f:id:tomosunrise:20151130152439j:image
f:id:tomosunrise:20151130152503j:image
f:id:tomosunrise:20151130152528j:image
4人のうちおひとりは来年受験を控えた中学3年生とのこと。みなさん立派な男子に見えました!
バグパイプの長く続く音はこんな風にお寺で聴くと雅楽の音にも通じるような気がしてきます。
4人で奏でる音の一体感が、その場全体をも一体化させていくように感じられます。
そこかしこで「お久しぶりです」「あ、こないだお会いした…」と声をかけ合う人たち。熊手を買う人たちの三三七拍子も聞こえてきます。
音に包まれてここにいる、この町に住むひとたちがここに集まる…そう思えることが「町に生きる」実感を抱かせてくれました。
 
来年も同じようなかたちで開催されますように。
 

blog.goo.ne.jp

※町田のお店のみなさんの様子が伝わります。

twitter.com

バグパイプの演奏はこちらのお店が拠点になってるようです。ランチ営業もありとのこと。

twitter.com