読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz meets Blues

手紙のように書きとめる、音楽やライブの記憶、地元のお店の思い出。

散歩録〜百合ヶ丘/新百合ケ丘

百合ヶ丘に降り立つ。

僕は乗り物酔いで遠出をあまりしないので、新しい道を探す習慣もなく、結果かなりの方向音痴なのです。
なので地元から近い百合ヶ丘も、訪れたことがなかった。
目的は、町田(というか古淵)のちょっと車でしか行けないような場所にかつてあったモダンジャズQの移転先が百合ヶ丘なのでは?と気になったから。
結果から言うとかなり前に閉店したのか全く痕跡もなかった。
ネット上で探した情報については今後まとめます。
 
駅を出ると目の前に広がる急な坂道が印象的。
坂の途中、町田ノイズ仲見世商店街を連想する昔ながらのお店の並ぶ所もあったり、
さらにiPhoneのナビのままに進むと、左手に階段の上にCafe〜の看板が見える建物が。
f:id:tomosunrise:20160206033741j:image
上って確認すると「Cafe & Bar Barrel」。かなりお洒落っぽい。
いつか訪ねてみよう…。
この階段の上からの見晴らしが綺麗だった。坂の多い街の特徴だね。知らない街だ…と新鮮に思う(そしてまだ迷ってない)。
f:id:tomosunrise:20160206033756j:image
ナビに戻り坂道を進む。
予想してたビルの1階はクリニック。5階にジャズ喫茶が…と思ったがまともに登る階段もなく、裏を探すとどう見ても普通の住宅。
この「星ビル」というのは「1」と「2」があって、となりの「2」を見ると5階がレンタルホールになっている。防音が出来ているのなら、ここがかつてジャズ喫茶だった可能性は高い…かも。
結局、いつまで営業していたのかも分からなかった。
 
元来た道を帰り、駅に着いてから振り返ると、夕陽も落ちて、夜の坂道。
f:id:tomosunrise:20160206033819j:image
 
この日はせっかくなので新百合ケ丘も、いつもの駅前ではなく、奥の方へ。
駅前はイオンやら大きな建物が続くけど、そこをまっすぐまっすぐ抜けて。
 
気になったのは、3月に町田ノイズでメキシコトリオのベーシストとして演奏される岩見継吾さんのライブが、Bar Chit Chatというお店で2月22日に行われると知ったから。
レアグルーヴ的な演奏になるらしい。

twitter.com

訪れたことがあるようなないような…。
ライブはかなり頻繁に行われている様子。ジャズはあまりないのかな?
f:id:tomosunrise:20160206033840j:image
 
Chit Chatの手前には大人のショットBARもある。
階段を上がるとしょうがの美味しいというウワサのお店、それからビストロ的なお店も。
すっかりお酒も飲まなくなってこういうお店に入らなくなったけど、やっぱり魅力的だよね。
f:id:tomosunrise:20160206033857j:image
f:id:tomosunrise:20160206033905j:image