読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz meets Blues

手紙のように書きとめる、音楽やライブの記憶、地元のお店の思い出。

榎ありささんと、10月15日の町田ミュージックパーク

土曜日のお昼に町田タミーナルプラザのミュージックパークへ。

今までは通り過ぎてしまうことも多かったけれど、少し前から街中で音楽を通じてひとと向き合うミュージシャン達に会いに行く…とまではまだ言えないけれど、ご挨拶するようなつもりで訪ねることが増えた。
f:id:tomosunrise:20161019033632j:image
きっかけは1ヶ月だけ関わった音楽祭のボランティア。出演予定の榎ありさんがミュージックパークのステージにも立つと知って、様子を見に伺った時のこと。
体調の不安も乗り越えて歌うその姿は、音楽の技術や表現力という以上に、そのひとがここにいるという強い存在感を伝えてくれた。
今年の夏は町ジャズや一番街ジャズも、また東急で01cafeが出店する期間限定のoasisでのライブもあって、野外でのフリーライブを観る機会が多かったけれど、これまでの音楽の価値観が変わるような期間だった。
 
音楽祭は、ボランティアは辞めてしまったけれど、当日の榎ありささんのステージだけはとパリオの会場へ。 
f:id:tomosunrise:20161019035324j:image
曇り空の一日、パリオの大きな窓からの優しい光の中、体調も落ち着いて元気に歌われている姿にほっとしてしまう。
f:id:tomosunrise:20161019040059j:image
ファンの方も多く、手拍子も盛り上がる。終演後もお話される方が多く、町田や東京に限らず日本各地でこうしていろんな方々と向き合ってらっしゃるんだと感慨を覚える。
f:id:tomosunrise:20161019040600j:image
 
そして、15日。この日は他の出演者も知りたくて、少し早めに駆け付けた。
f:id:tomosunrise:20161019041807j:image
初めにまるさんという舞台でも活躍される方のギター弾き語り。優しい歌声も、思いを込めた表現も、力強い楽曲も。最後にマイクを離れての歌唱では、天井の高いこのパークの空間の広がりを生かすような高く高く伸び上がる歌声。ここでこんなにも綺麗に音が響くのを初めて聴いた。
慌てて近くのお店でメモ帳とペンを買って、しばらく忘れていたライブ中の感想メモを再開する決意を。
f:id:tomosunrise:20161019042045j:image
榎ありささんのステージ、こうして歌うことの喜びが笑顔からも伝わる。そのままでそこにいてくれるのが、このままで僕がここにいることの自信にもなってしまう。
f:id:tomosunrise:20161019042452j:image
ふと祈るような眼差しを感じることもある。少しずつありささん自身のことを知ると、背中を押すことまではできなくても、今ここにいてくれるなら、その歌声を受けとめたいと思う。
f:id:tomosunrise:20161019043113j:image
優月さんの名前はこれまでも目に止まっていたけれど、歌を聴くのは初めてだなと思ったら、一曲目、すでにターミナル近くを通る中で自然と耳に残っていた歌だった。
繊細な温かい人柄が伝わり、歌声も優しく伝わる。
f:id:tomosunrise:20161019043242j:image
f:id:tomosunrise:20161019044037j:image
タケウチタクヤさん。ギターのギランとした響きと歌声。明るい人柄も伝わり、最後の「おやすみココア」にホッとする。
1日1曲作曲にも挑戦されているそう。
 
この後もステージは続いたのだけど、予定もあり残念ながらここまでで退席。
いろんな音楽と歌声をライブで体験することができて、音楽と人に向き合う姿を見守ることもできるのが嬉しい。
出演後にお話できる時間もあるので、ありがとうとだけでも伝えたい。