読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Jazz meets Blues

手紙のように書きとめる、音楽やライブの記憶、地元のお店の思い出。

浅川太平+Ayuko (まちライブラリー) 2016年7月3日

Live
f:id:tomosunrise:20160720040240j:image
町田ノイズ初登場の世田谷トリオの衝撃を受けた翌日、7月3日。
2日続きのライブで体力持つかな?と気になりながら、初めての会場へ。方向音痴なので検索しながら「こっちの駅からバスで、いや本数が少ないのか、でも戻るより、いやバスさっき出たやつだ」と迷いつつ、次のバスを待っていると買ったばかりのクーリッシュがみるみる溶けていく…気が付けばこの気温。
f:id:tomosunrise:20160720040250j:image
落ち着いた郊外の街並みを超えてバスが辿り着いた会場。地下のスタジオは照明も綺麗で、ayukoさんによく似合う花も飾られていました。
昨年より中々聴くことができなかったayukoさんの歌声と浅川太平さんのピアノを、ついに。
f:id:tomosunrise:20160720040336j:image
 
1.  Speak Low (クルトワイル作)
アルトサックスのような繊細な空気の振え。久しぶりに聴く声が新たな表現を求めて成長していたことにハッとしました。
2.  Here There And Everywhere (Lennon-McCartney作)
前回出演時にお客様にビートルズ好きな方がいらしたとのことでの選曲。
3.  Afro Blue (モンゴサンタマリア作)
4.  Mack the Knife (クルトワイル作)
ビートルズだけでも満足できそうなところに、アフロブルー、ayukoさんが大きく感じられる表現。つづくマックザナイフは悲恋の映画のようなぎゅっとつかまれるような世界。
f:id:tomosunrise:20161222012220j:image
 
ここで浅川太平さんのピアノソロ。皆さんからお題を頂いての即興。
初めに出た話題は「宇宙」「医者」「髪を切る」。SF的な印象の演奏。
続いては「夏の朝」。
感じられるのは真夏の蒸し暑さよりも高原の清々しい早朝、それはもしかしたら浅川さんが札幌出身だからなのかも。後半ayukoさんの即興が入ると、南の風が吹き始めるようで、おふたりの対比の妙。
f:id:tomosunrise:20161222012159j:image
5.  Lost in the Stars (クルトワイル作)
6.  Human Nature
クルトワイルのアパルトヘイトを描いたミュージカルにも使われた宗教的な楽曲。
悩み抜いて落ちた流れ星を手のひらに受け止めるようでした。
きっとMCをはさまずにヒューマンネイチャーへと続けたことそれ自体がメッセージ、ayukoさんの中でマイケルはどれほど大切な存在なんだろうか。
 
声という楽器を奏でるayukoさん。浅川太平さんの鍵盤を離れる際の繊細な指先。
ライブに来れずにいた間に気にしていた題材をいくつも聴くことができた1stセットでした。
 
f:id:tomosunrise:20160720040319j:image
2ndは日本語の楽曲。Jazz+Japanese=シャズパニーズ。
1.  電話をするよ
UAのシングルB面の曲。大人になりかけの男の子のための子守唄のような、待っていてくれると思える歌。
20代の頃に何度も聴いたことがあったので、まさかこんなふうに再会するとは、という驚きも。
英詞はなく、北原リエの日本語詞のみ存在するとのこと。「あなたはいつもその手口」という言葉が、後半に向けて変化していくサスペンス的な歌詞。
浅川太平さん曰く、歌詞なしのピアノ表現としては「バドパウエルのが答えみたいなものだね」とのこと。
3.  からたちの花 (北原白秋・作詞、山田耕筰・作曲)
1925年の曲。6つの2行詞で構成された歌詞。
4.  You'd Be So Nice Come to Home
日本語も英語もあり、マウストランペットも。
大橋巨泉・作詞。なかの綾さんが唯一日本語詞で歌っているとのこと。
5.  化粧
中島みゆき作詞作曲。
ないものを求め続けてしまう苦しい苦しいブルース。
6.  マシュケナダ
一転明るくなり、ホッとしました。
 
日本語で歌われることで、音楽だけでは届かない奥の奥の方へと言葉が降りていくようで、2ndからはただただ音をこぼさず受け取れるようにと思っていました。
 
アンコールはリクエストを募り「りんごの木の下で」、途中「Skylark」も。
f:id:tomosunrise:20160720040326j:image
 
終演後、まちライブラリーの懇親会にも参加させて頂き、ayukoさん浅川太平さんともお話することができました。
洋服へのこだわりやフラメンコについて。
ステージではあんなにも大きく見えたayukoさんが隣に座ると子猫のように可愛いのが不思議でした。
 

f:id:tomosunrise:20160707185655j:image

 
「まちライブラリー」という存在を存じ上げなかったのだけれど、ぼんやりと求めていたイメージにヒントをもらえたようでした。
市民図書館のような、自発的な文化的拠点としての活動は、僕の地元の町田のように図書館も美術館もある街でも、ひとのつながりや、価値観を単純化させないための何ができるのかと考える時には重要だと思います。
昨年の11月に町田の酉の市で感じたことのその先があるはずだと思えました。